人手不足解消が大きな問題

介護車

資格は仕事を始めてからでも取得出来る

高齢者の生活を助ける仕事に介護士があり、その介護士が就く職場はさまざまな形態をしていますが大きく分けると入居・入所介護施設と言われる住むことを前提とした施設と、通所介護施設と言われる通いながら施設を利用する形態となっています。広島市内には特別養護老人ホームや有料老人ホームなどが入居・入所と言う施設で、デイサービスなどが通所施設と考えて良いでしょう。これらの職場では介護士のみならず施設長をはじめとしてケアマネージャー・介護助手や介護事務、更には栄養士や看護師まで配置されている施設も多くなっています。広島県内でも元気な高齢者が増えているとは言えある程度の年齢になり体力が落ちてしまったり、認知症の心配がある人が増えているのも事実で、これらの人たちをフォローして行くには、多くの介護士が必要となって来ています。しかし残念なことに広島市内ではこれらの職を希望する人はまだまだ少なく、労働改善が急がれている職場でもあります。広島市内にあるこれら施設等で仕事をする場合、無資格でも良いのですが、スキルアップを望むためには資格を有することは必要になります。働きながら取得出来るのが、介護職員初任者研修で雇用先によっては受講料の補助を行っている所もみられます。その後のプロセスには介護福祉士やケアマネージャーと言う資格を取得することになります。これらの資格は働きながらでも取得出来ることから、誰もが資格を得ることが出来ることになります。大学卒業と言った縛りもないことも、資格取得をしやすくなっていると言って良いのでしょう。

Copyright© 2019 介護職は将来性に富んでいることや資格が働きながら取得出来るメリットがある All Rights Reserved.