交代制の勤務

女性

夜勤のある職場は体調管理が大切

高齢化社会の到来により、24時間体制で介護を受けられる福祉施設が広島県内にも複数あります。体が思うように動かなくなり、自宅での生活が困難になった高齢者であっても、安心して生活をすることができると評判です。広島県内の福祉施設で24時間高齢者の世話をするのが介護職員の仕事です。仕事内容は様々ですが、24時間体制の施設が増えている中で、職員たちは不規則な生活のなかで仕事をすることが求められるようになっています。介護職員の仕事というのは、基本的に交代制です。最近の広島の施設では、夜勤専従の職員を配置するところも増えてきましたが、まだまだ限定的で、現状では職員が持ち回りで夜勤の仕事をこなしています。夜勤の仕事というのは体位変換やナースコールなどに対応することが中心になりますが、高齢者の体調の変化にもきちんと対応しなければならないので神経を使う仕事であると言われています。広島県内の介護福祉施設では、職員一人あたり、毎月4回から5回の夜勤が順番で回ってきます。新人の職員は慣れないので体調を壊しやすいといいます。夜勤の仕事離れが必要ですが、自分の体調管理をきちんと行うことも重要な仕事の一つです。夜勤ごとに体調を崩していては、日勤等の業務にも支障をきたしてしまうことがあるため、体調の自己管理がとても重要になります。介護職員は自分の体調を管理しながら、一般的に長時間勤務とされる夜勤に対応できるように工夫をしているのです。

Copyright© 2019 介護職は将来性に富んでいることや資格が働きながら取得出来るメリットがある All Rights Reserved.