人材不足が続く業界

男女

高齢者はますます増える傾向に

元気なお年寄りが増えている広島県を含む日本社会ですが、実質の高齢化になったことから様々な人材を必要とされる時代にもなりました。広島の街の中で歩いてみると目につくようになったものに、老人用施設があります。住宅型有料老人ホームや介護付き有料老人ホームが目立つほか、シニア向けの分譲マンションとか健康型有料老人ホームの多さが目につくと思われます。ま広島市街では特別養護老人ホームなどの大きな施設が建てられ、介護職として働く人も多くなっています。現在の高齢者の割合は4人に一人と言われていますが、20年も経つと3人に一人が高齢者となってしまうと推移されています。医療技術が進んだこともその理由になっていすが、健康志向を考え煙草を止めるとか食事制限を行うと言った人も多く、高齢化現象は収まるものではないと考えられます。老人用施設が増えると共に必要となって来る人材が介護士職になりますが、残念なこと今は人材不足で悩む状態にあり、現場で働く介護士には負担が「重くのしかかっているのが現状です。介護する施設は多くなっているのですが、介護士職に就く人の数が足りないと言うことになりますが、現場では職に就いたけれど仕事の厳しさについていけない人も多く、退職希望者が後を絶たないことも人材不足に輪をかけているのが本音と言われます。広島市内で介護職を増やすためには、待遇を良くすることも必になりますが、まず適正な人材確保が重要と考えます。

Copyright© 2019 介護職は将来性に富んでいることや資格が働きながら取得出来るメリットがある All Rights Reserved.